6月
24
Posted on 24-06-2010

厚生年金に加入していた人が、老齢基礎年金の受給資格期間を満たした

ときに、65歳から老齢基礎年金に上乗せして受ける年金です。年金額は「

平均標準報酬月額×支給乗率×加入月数」で計算されます。これは、60

歳から受けられる特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分と同じです。

なお、老齢厚生年金には経過的加算がプラスされ、加入期間が20年(中

高齢の特例の場合は15年~19年)以上ある場合、その人に生計を維持さ

れている65歳未満の配偶者、または18歳未満(18歳の誕生日の属する

年度末まで)の子、20歳未満で1級・2級の障害の子がいれば、加給年金

額が加算されます。

(0) Comments    Read More   
6月
23
Posted on 23-06-2010

国民年金に原則として25年以上加入した人が65歳から受ける、全国民

に共通した年金です。年金額は40年加入した場合が満額となり、加入

年数がそれに満たない場合は、その期間に応じて減額されます。本人が

希望すれば、60歳以降から繰り上げて、また、65歳以降に繰り下げて受

けることもできます。

60歳から特別支給の老齢厚生年金を受けている人は、65歳から老齢基

礎年金と老齢厚生年金に切り替わります。

(0) Comments    Read More   
6月
22
Posted on 22-06-2010

単独設立、総合設立とともに厚生年金基金の設立形態の1つ。1企業が

他の企業の発行済み株式や出資の概ね2割を保有する関係にある場合

や人的関係が緊密である場合に、これらの企業が共同で厚生年金基金

を設立する形態をいいます。人数用件は1,000人以上です(平成17(2

005)年4月以降の新規設立)。

(0) Comments    Read More   
6月
21
Posted on 21-06-2010

代行型、加算型とともに、厚生年金基金の給付形態の1つ。加算型の一種

で、国の老齢厚生年金を代行する代行部分と代行部分に上乗せするプラ

スアルファ部分が一体となった給付設計であることから、融合型といいます。

退職時の最終給与や直近の一定期間の平均給与などを用いて給付額を

計算し、代行部分以上の給付となるように設計されています。

平成17(2005)年4月1日現在で融合型の厚生年金基金はありません。

(0) Comments    Read More   
6月
20
Posted on 20-06-2010

平成16年年金制度改正では、公的年金の財政運営について、現時点で

視野に入れる有限の期間(財政均衡期間)をあらかじめ設定し、その財政

均衡期間において年金財政の均衡を図るという方式が導入されました。こ

れを有限均衡方式と呼びます。

この有限均衡方式では、時間の経過とともにその均衡を考える期間を先に

移動させて、結果として将来にわたり均衡を図ります。また、財政均衡期間

の最後において支払い準備金程度の積立金を確保することとしています。

財政均衡期間については、既に生まれている世代が年金の受給を終える

までの概ね100年間と法律上明記されており、平成16年の財政再計算で

は、財政均衡期間は平成112(2100)年度までの95年間、平成112(210

0)年度の積立金の規模を支出の1年分として将来見通しを作成しています。

(0) Comments    Read More