5月
11
Posted on 11-05-2010
Filed Under (確定申告, 税務署関係) by midori

7.国内の金融商品取引所に上場されている国外株式の配当等のうち、その

配当等の支払事務取扱者である金融商品取引業者を通じて支払をするもの

については、その金融商品取引業者をその配当等の源泉徴収義務者とする

こととされました。

この改正は、平成22年4月1日以後に支払受けるべき国外株式の配当等に

ついて適用されます。


8.上場特定受益証券発行信託(日本版預託証券等)について、次の措置

が講じられました。

(1)制度の概要

上場特定受益証券発行信託(日本版預託証券等)の終了又は一部の解約

により交付を受ける金銭等については次のように取り扱うこととされています。

イ.内国法人又は国内に恒久的施設を有する外国法人(以下「内国法人等」

といいます。)が交付を受ける金銭等のうち、信託されている金額を超える部

分(収益の分配)については、配当等として源泉徴収の対象とされています。

ロ.居住者又は国内に恒久的施設を有する非居住者(以下「居住者等」とい

います。)が交付を受ける金銭等のうち、信託されている金額に達するまでの

金額は、株式等の譲渡所得等に係る収入金額とみなされ、信託されている

金額を超える部分(収益の分配)は配当等として源泉徴収の対象とされてい

ます。

(注)上場特定受益証券発行信託が源泉徴収選択口座に受け入れられて

いる場合は、その譲渡所得等に係る収入金額のうち差益部分(源泉徴収選

択口座内調整所得金額)については源泉徴収の対象とされています。

(2)改正の内容

上記(1)及びについては次のように改正されました。

イ.内国法人等が交付を受ける金銭等のうち、信託されている金額を超える

部分(収益の分配)については源泉徴収を要しないこととされました。

この改正は、平成22年6月1日以後の上場特定受益証券発行信託の終了

又は一部の解約について適用されます。

ロ.居住者等が交付を受ける金銭等については、信託されている金額を超

える部分(収益の分配)も含め、その全額が株式等の譲渡所得等に係る収

入金額とみなされることとされました。

この改正は、平成22年4月1日以後の上場特定受益証券発行信託の終了

又は一部の解約について適用されます。

(0) Comments    Read More   
3月
20
Posted on 20-03-2010
Filed Under (決算, 確定申告, 税務署関係) by midori

決算・申告

会社では定款に定められている期間ごとに決算をまとめ、株主総会の承認等を

受け、その決算(確定した決算)に基づいて法人税の確定申告書を作成します。


●決算・申告事務の流れ

試算表の作成

決算調整

決算書類等の作成

株主総会の承認

↓ 申告調整

法人税確定申告書の作成

↓          ↓

税務署に提出   申告税額の納付

(0) Comments    Read More   
2月
18
Posted on 18-02-2010
Filed Under (確定申告) by midori

確定申告とは、税金に関する申告手続を言い、日本においては次の諸点を指す。

  1. 個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること
  2. 法人が、原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間として、その期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること
  3. 消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

平成21年分の

・所得税・贈与税の申告・納税は3月15日まで。

・個人事業者の消費税・地方消費税の申告・納税は3月31日まで。

(0) Comments    Read More   
1月
05
Posted on 05-01-2010
Filed Under (確定申告, 給与計算) by midori

2月1日が提出期限です。

中には1月20日くらいまでに提出をお願いしている市区町村もあります。

提出期限を守りましょう。

 

◎提出先

 22年1月1日(退職者については退職時)に住所がある市区町村

◎提出物

 給与支払い報告書(個人明細書2枚)

 総括表

(0) Comments    Read More   
12月
04
Posted on 04-12-2009
Filed Under (年末調整, 確定申告) by midori

1月~12月までの間に支払った医療費の控除。

本人または家族(税法では「生計を一にする親族」)が支払った医療費の合計金額が

10万円(所得が200万円以下なら、所得の5%)を超える人は確定申告をすれば

税金の還付が受けれます。

妊娠・出産にかかった費用ももちろん控除対象になります。

但し、手術等で保険金が出た場合はその分の保険金額を差し引く必要があります。

 

★こういう場合も対象

・通院にかかる交通費(電車やバスの利用が困難な人が使ったタクシー代も)

・6ヶ月以上寝たきりの人のおむつ代

などなど・・・

 

ですから病院や薬局での領収書やレシートは大切に保管しておきましょう。

 

この控除は年末調整ではなく個人で確定申告となります。

前にいた会社でたまに持って来た方もいましたが会社で確定申告はできません。

確定申告の期間は通常翌年の2月16日~3月15日です。

 

 

私は妊娠時の定期健診と出産で1度申告したきりです~

いたって健康?w

子供はまだ幼児なので元々医療費がかかりませんしね。

ここだけの話・・・

以前勤めてた会社で年末調整の時に病院等のレシートをたくさん持って

来た人がいまして・・・

会社としては確定申告できませんのでお返ししましたが・・・

その中に動物病院の領収書が入ってました><

ペットの病院代は控除されませんので。。。

(0) Comments    Read More