12月
03

事業主は、高年齢者雇用安定法の改正によって、平成18年4月から

平成18年4月から平成25年度までの間に、段階的に65歳未満の希

望者に対して「雇用確保措置」を講ずることが義務づけられています。

雇用確保措置には、①65歳までの定年の引き上げ、②継続雇用制

度の導入、③定年制の廃止の3種類があり、いずれかの措置を講じな

ければなりません。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: