従業員が退職したときは、年金事務所または健康保険組合に「被保険者

資格喪失届」の届出が必要です。

◎従業員が退職したとき(資格喪失届)

従業員が退職したときは、5日以内に「資格喪失届」を提出してください。



・資格喪失日

退職日の翌日が資格喪失日となります。たとえば、月の末日に退職した

場合は、翌月1日が資格喪失日となります。

・健康保険証等の添付

協会けんぽの被保険者が資格喪失する場合には、退職した従業員の

健康保険証の添付が必要です。ただし、紛失等により回収ができない

場合には、資格喪失届にその理由を記入してください。

なお、記入することができない場合には、「健康保険被保険者証回収

不能・滅失届」をあわせて提出してください。

また、「高齢受給者証」「健康保険特定疾病療養受給者証」「健康保

険限度額適用・標準負担額減額認定証」等の交付を受けている場合

は、それらも忘れずに添付してください。

※資格喪失日が60日以上遡る場合には、事実発生日の確認のため

に賃金台帳および出勤簿(写し)の添付が必要になります。なお、被

保険者が株式会社(特例有限会社を含みます。)の役員の場合にあ

っては、株主総会の議事録または役員変更登記の記載がある登記簿

謄本の添付も必要になります。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: