4月
30
Posted on 30-04-2010

厚生年金基金、確定給付企業年金は長期にわたる制度であり、一定の予測に

基づいて将来の給付と負担の見通しを立てています。その間、社会経済状況

の変化によって、予測値と実績とが乖離することがあります。そのため、加入員、

受給者の構成割合や経済情勢の変化を踏まえ、5年に1度、給付と負担の将来

見通しを見直し、年金財政の健全化を図っています。これを財政再計算といい、

そのときに必要な制度設計の見直しも行います。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: