5月
14
Posted on 14-05-2010
Filed Under (確定申告, 税務署関係) by midori

11.非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の

非課税措置が創設されました。


(1)居住者又は国内に恒久的施設を有する非居住者(以下「居住者等」と

いいます。非課税口座を設定しようとする年の1月1日において20歳以上の

居住者等に限ります。)が、金融商品取引業者等の営業所に開設した非課

税口座(注)内で管理される上場株式等(以下「非課税口座内上場株式等」

といいます。)について、非課税口座の開設の日から同日の属する年(以下

「非課税口座開設年」といいます。)の1月1日以後10年内に得た次の所得

については、所得税及び個人住民税を課さないこととされました。

イ.非課税口座内上場株式等に係る配当等(非課税口座が開設されている

金融商品取引業者等を経由して支払を受けるものに限ります。)

ロ.非課税口座内上場株式等の金融商品取引業者等への売委託等の方法

により行う譲渡による譲渡所得等

(注)非課税口座とは、平成24年から平成26年までの各年において所定の

手続により設定された口座(1人につき1年1口座に限ります。)をいいます。

それぞれの非課税口座に受け入れられる上場株式等は、非課税口座開設

年に取得したもので、その取得対価の額の合計額が100万円を超えない範

囲内のものに限られます。


(2)この改正は、平成24年1月1日以後に支払を受けるべき非課税口座内

上場株式等に係る配当等及び同日以後の非課税口座内上場株式等の譲

渡について適用されます。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: