5月
22

平成22年4月1日から雇用保険制度が変わりました。

*非正規労働者の方の雇用保険の適用範囲の拡大

・短時間就労者の方、派遣労働者の方の雇用保険の適用範囲を以下の

とおり拡大しました。

【旧】

○6ヶ月以上の雇用見込みがあること

○1週間の所定労働時間が20時間以上あること

【新】

○31日以上の雇用見込みがあること

○1週間の所定労働時間が20時間以上であること

※「31日以上の雇用見込みがあること」とは・・・

31日以上雇用が継続しないことが明確である場合を除き、この要件に該当

することとなります。

※適用基準を満たす労働者を雇い入れた場合には、公共職業安定所に

対して雇い入れた日の属する月の翌日10日までに、雇用保険被保険者

資格取得届を提出することが義務づけられています。

※現在雇用している労働者の方も含め、4月1日以降新たに適用基準に

該当することとなった場合には、公共職業安定所へ雇用保険被保険者

資格取得届を提出します。

※雇用保険に加入した場合には、公共職業安定所から事業主を通じて

雇用保険被保険者証等を交付することとしています。事業主は「雇用保

険被保険者証」及び「雇用保険被保険者資格取得確認通知書」を確実

に本人に渡します。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: