6月
25
Posted on 25-06-2010
Filed Under (労働保険) by midori

労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(

これを「保険年度」という。)を単位として計算し、その額はすべての

労働者(雇用保険については、被保険者)に支払われる賃金の総額

に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定します。

事業主は、新年度の概算保険料を納付するための申告・納付(徴収

法第15条)と前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・

納付(徴収法第19条)の手続きが必要です。これが「年度更新」の手

続きです。


※この年度更新の手続きは、本年度は6月1日から7月12日までの間に

行ってください。

手続きが遅れますと、政府が保険料・拠出金の額を決定し、さらに追徴

金(保険料・拠出金の10%)を課すことがあります。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: