船員保険制度が大きく変わりました(平成22年1月~)

平成22年1月から、これまで船員保険制度で実施してきた労災保険相当部分

(職務上疾病・年金部分)は労災保険制度に、雇用保険相当部分(実業部分)

は雇用保険制度にそれぞれ統合され、厚生労働省が運営しています。

そして、平成22年1月からは、健康保険相当部分(職務上疾病部分)と船員

労働の特性に応じた独自・上乗せ給付を行う新しい船員保険制度として、全

国健康保険協会が運営しています。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: