8月
09
Posted on 09-08-2010

病気欠勤をして支払基礎日数が17日未満の月がある場合

欠勤した分だけ給与が減額される場合、就業規則、給与規定等で事業所が

定めた日数から欠勤日数を引いた日数が支払基礎日数となります。この日数

が17日未満となった場合は、その月を除外します。

育児休業等に入った場合

育児休業等に入った場合でも、産休中に給与が支払われるなどの理由によっ

て、4~6月の支払基礎日数が17日以上あり、通常の算定方法に該当する場

合は、通常どおりに算定します。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: