70歳以上の被用者を雇用する事業主は届出を

平成19年4月1日以降に70歳になった人が、厚生年金保険の適用事業所に

使用されている場合、事業主は雇用・退職・報酬額についての届出をする必

要があります。

これは、70歳になると厚生年金保険の被保険者資格を喪失して、厚生年金

保険の保険料を納付する必要はなくなりますが、在職老齢年金による支給調

整が行われるためです。

70歳以上の被用者とは

次のすべてに該当する人のことです。

1.昭和12年4月2日以降に生まれた人

2.厚生年金保険の適用事業所に勤めていて、勤務時間・勤務日数とも一般

社員のおおむね4分の3以上の人

3.過去に厚生年金保険の被保険者期間がある人

※厚生年金保険料を払う必要はありません。

70歳以上の被用者における届出

70歳以上の被用者を使用している事業主は、次のとおり、届出が必要です。

・対象者を新たに雇用したとき

・70歳に到達した対象者を引き続き雇用するとき

・対象者が退職することになったとき

・7月1日に対象者を雇用しているとき

・対象者の報酬に変更があったとき

・賞与の支払いがあったとき

・対象者が育児休業等を終えて職場復帰し、報酬に変動があったとき

・対象者が2カ所以上の事業所に勤務することとなったとき

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: