8月
24

次の3つの要件すべてに該当したときは、随時改定の対象になりますので、

事業主はすみやかに月額変更届を保険者等(年金事務所・健康保険組合。

(厚生年金基金に加入している場合は厚生年金基金にも))に届け出します。

①固定的賃金の変動または賃金(給与)体系の変更があったとき

②変動月以降の継続した3ヵ月の報酬の平均額と現在の標準報酬月額と2

等級以上の差があるとき

③変動月以降の継続した3ヵ月の支払基礎日数がすべて17日以上あるとき

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: