2.随時改定により標準報酬月額を改定する場合には、原則として昇給または降給

があった月の翌々月を健康保険法第43条第1項または厚生年金保険法第23条第

1項に規定する「その著しく高低を生じた月」と解し、その翌月より行う。(S36.1.26

保発第7号、改正:H15.2.25保発第0225004号・庁保険発第3号)

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: