10月
23

○上限を超えた場合

標準賞与額が年度を累計して上限(540万円)を超えた場合でも、賞与支払届

には実際に支払われた賞与額(1,000円未満切り捨て)を記入します。

○上限を超えた月以降の賞与支払届

上限(540万円)を超えた月の翌月以降においても、同一年度内に賞与が支払

われた場合は、賞与支払届が必要です。

○資格喪失月の賞与支払届

資格喪失月に賞与が支払われた場合、保険料賦課の対象とはなりませんが、資

格喪失の前日までに支払われた賞与は、年度累計の対象となるため、賞与支払

届が必要です。

○育児休業等期間中の賞与支払届

育児休業等による保険料免除期間に支払われた賞与については、年度累計の

対象となるため、賞与支払届が必要です。

○同一年度内の転職・転勤等の場合

・年度内に転職・転勤等があり被保険者資格の得喪があった場合の標準賞与額

の累計額は、全国健康保険協会または各健康保険組合等の保険者単位で算出

します。全国健康保険協会から健康保険組合に転職した場合などは、賞与額の

累計は行いません。

・年度内の転職・転勤等があった場合は、上限額(540万円)を超えるたびに「健

康保険標準賞与額累計申出書」の提出が必要です。なお、同一の事業所で累計

額が上限を超えた場合は、自動計算されますので、申し出は不要です。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: