11月
02

被保険者が3歳未満の子を養育するため、育児・介護休業法による育児休業

等(育児休業・育児休業に準ずる休業)を取得しているときは、事業主の申し

出によって、健康保険料(介護保険料を含む)と厚生年金保険料が免除され

ます。

保険料は、被保険者負担分だけでなく、事業主負担分も免除されます。

免除される期間は、育児休業等の開始日の属する月から、育児休業等の終

了日の翌日の属する月の前月までです。

なお、労働基準法による産後8週間の休業中は、育児休業期間ではないた

め、給与が支払われているかどうかに関わらず、保険料は免除されません。

※保険料免除を受けるための手続き

免除を受けようとする事業主は、「健康保険・厚生年金保険 育児休業等取

得者申出書」を保険者等(年金事務所・健康保険組合。(厚生年金基金に加

入している場合は厚生年金基金にも))に提出します。

なお、予定より早く職場復帰する場合は、「健康保険・厚生年金保険 育児

休業等取得者終了届」を提出します。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: