11月
03
Posted on 03-11-2010

○資格取得月・資格喪失月の保険料

保険料は月単位で納付します。

資格を取得した月は、月の途中から被保険者となった場合でも、1月分を

納めます。

資格を喪失した月は、保険料を納める必要はありません。ただし、資格喪

失日は退職日の翌日になりますので、月末に退職した場合は、退職月の

保険料を納めることになります。

なお、同じ月の間に資格取得日と資格喪失日がある場合、その月の分の

保険料を納めます。

○給与からの保険料の控除

事業主は、被保険者負担分の前月分の保険料を、給与から控除(天引き)

できることになっています。

ただし、月末に退職するするために、退職月分の保険料を支払う必要があ

る場合、前月と当月の2ヵ月分を控除することができます。

※9月分の保険料

毎年9月には、事業主から提出される資格取得届・資格喪失届・算定基礎

届・月額変更届等に基づいて「基本保険料」が算出されます。9月分の「納

入告知書」には、「基本保険料算出内訳書」が同封されており、そこには9

月末日現在における全被保険者の標準報酬月額別人員・男女別人員が

記載されています。

基本保険料とは、各被保険者の標準報酬月額を合算し、それぞれの保険

料率をかけた額のことです。

9月に算出された基本保険料は翌月に繰り越され、翌月の保険料算出の

際に諸届書によって増減されて、保険料算出の基礎として使用されます。

この増減を翌年の8月まで繰り返していきます。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: