11月
04
Posted on 04-11-2010

保険料の事業主負担分及び被保険者負担分には、1円未満の端数が

生じることがあります。

この場合、事業主と被保険者の間に端数処理についての特約がない限

り「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」の第3条(債務の支払

金の端数計算)により取り扱うことになっています。

すなわち、保険料等を給与から控除する場合には、源泉控除した後の

給与等の支払が債務の弁済となりますので、この時点で端数処理(50

銭以上切り上げ、50銭未満切り捨て)することになります。

※手続きはすみやかに

被保険者の標準報酬月額は、算定基礎届によって、その年の9月から

翌年8月までの分が決められます。報酬が大幅に変動したときは、月額

変更届を提出して標準報酬月額を見直します。

保険者等は、これらの届出のほか、事業主から提出された資格取得届

や資格喪失届の内容のもとに、毎月の保険料を算出して、事業所ごとの

保険料額を通知しています。

このため、「資格所得届」、「資格喪失届」、「月額変更届」等の提出が

遅れると、保険料もさかのぼって精算しなければならなくなる場合があり

ます。

事業主が被保険者の給与から控除できるのは、前月分の保険料だけで

すので、精算額を控除することはできません。

手続きは、すみやかに行いましょう。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: