11月
07
Posted on 07-11-2010

賞与にかかる保険料も、毎月の保険料と同様、標準賞与額に保険料率を

かけた額を労使で折半します。

事業主は、被保険者負担分の賞与にかかる保険料額を、賞与から控除す

ることができます。

○資格取得月・資格喪失月等の保険料

毎月の保険料と同様、資格を取得した月に賞与を受けた場合、保険料を

納めます。

資格を喪失した月は、保険料を納める必要はありません。ただし、資格喪

失日は退職日の翌日になりますので、月末に退職した場合は、退職月に

受けた賞与にかかる保険料を納めることになります。

なお、育児休業等を開始した月に賞与を受けた場合は、保険料が免除さ

れ、終了した月に賞与を受けた場合は、保険料を納めます。

○保険料の納付

保険料の納付義務者は事業主です。

事業主は、被保険者に賞与を支給したときは、5日以内に「被保険者賞与

支払届」「被保険者証よ支払届総括表」を添付して、保険者等(年金事

務所・健康保険組合等)に提出します。

これにもとづいて、保険者等から、賞与にかかる保険料と毎月の給与にかか

る保険料とを合算した保険料額が記された「納入告知書」が通知されます

ので、事業主は納付期期限(月末)までに納付します。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: