次に該当するときは第3号被保険者から第1号被保険者となるため、各自で

居住の市町村役場へ届出が必要となります。届出を忘れると保険料未納に

より将来の年金額が少なくなる場合もありますので、必ず届け出てください。

・配偶者(第2号被保険者)が死亡したとき

・配偶者(第2号被保険者)が退職して第1号被保険者になったとき

・配偶者(第2号被保険者)が65歳になって、老齢または退職を支給事由と

する年金の受給権者となったとき

・第3号被保険者がパートなどの収入が増えて扶養から外れたとき

※第3号被保険者が就職して第2号被保険者になったときは就職先の事業

主が届け出ることになっています。

※第3号被保険者が60歳になったときは自動的に第3号被保険者資格を喪

失します。

関連記事

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: