2月
12
Posted on 12-02-2010
Filed Under (雇用関係) by midori

◎求人募集でハローワークを利用するメリット

・信頼性のある求人情報として、多くの求職者の方に安心して応募してもらえます。

・近隣のハローワークを含めた求人の公開やインターネットでの公開等多くの

求職者の方にご覧いただけます。

・求職者の希望賃金など、豊富なデータを揃え、求人条件の設定や魅力ある

求人票の作成等についてアドバイスを行っています。

・職業相談を行った後、適格な人材を紹介いたします。

・各種雇い入れ助成金制度等をご案内いたします。

・もちろん、全てのご利用が無料です。

@(o・ェ・o)@ノ~~ おはようございます♪

月曜日にぎっくり腰になってまだまだ痛みがありますが

だいぶマシになってきましたε-(o´ω`o)ホッ

しかしまだ咳やくしゃみをすると激痛が (。TДT。)

みなさんもお気をつけくださいww

(0) Comments    Read More   
2月
05
Posted on 05-02-2010
Filed Under (雇用関係) by midori

おはようございます。

東京労働局から書面が届きました。

まだまだ就職難が続いてます。

私も10月~11月ハローワークに通ってましたが本当に人が多かったです。

それなりに求人はあったと思うのですが私の職種は「事務」

基本1社に1名、多くても2・3名の募集しかないです。

それでも今までやってきたことを活かせる仕事がしたかったので妥協は

しませんでしたw

まだまだ厳しい状況が続いてますが頑張りましょう。

 

以下、東京労働局より

 

 平成20年秋の米国の金融不安を端緒とする世界的な金融・経済危機は、

我が国の経済情勢に大きな影響を与え、その後の政府による一連の総合

経済対策により景気については、一部生産活動に持ち直しの動きが出て

くるなど最悪期を脱しつつあるとの見方もされております。

 

 しかしながら、雇用失業情勢につきましては、昨年7月の完全失業率及び

有効求人倍率が何れも過去最悪の水準を記録するなど、現在に至っても

依然として厳しい状況が続いております。

 東京都内状況につきましても例外ではなく、急激な経済情勢の悪化は、

求職者の大幅な増加と求人の減少を招き、昨年2月の有効求人倍率が

5年ぶりに1倍を割り込んで以来悪化の一途をたどり、昨年11月の有効

求人倍率が0.57倍となるほか、平成22年3月新規学校卒業者向けの

求人は、大卒、高卒共に前年同期比の概ね5割の大幅減で推移しており、

さらに雇用調整等で離職を余儀なくされる障害者数は、前年比較で大幅に

増加した昨年度を上回る状況で推移するなど、いずれも大変厳しい逼迫した

雇用失業情勢となっております。

(0) Comments    Read More   
12月
21
Posted on 21-12-2009
Filed Under (助成金) by midori

『若年者等正規雇用化特別奨励金』

年長フリーター及び30代後半の不安定就労者又は採用内定を取り消されて

就職先が未決定の学生等を正規雇用する事業主が一定期間毎に引き続き

正規雇用している場合に奨励金が支給されます。

 

◎年長フリーター等(25歳以上40歳未満)を正規雇用する場合

1.直接雇用型

 ・ハローワークに奨励金の対象となる求人を提出しハローワークからの紹介に

  より正規雇用する場合

 ・対象者の雇入れ日現在の満年齢が25歳以上40歳未満

 ・雇入れ日前1年間に雇用保険の一般被保険者でなかった者、その他職業経験、

  技能、知識等の状況から奨励金の活用が適当であると安定所長が認める者

 

2.トライアル雇用活用型

 ・ハローワークからの紹介によりトライアル雇用として雇い入れ、トライアル雇用

  終了後引き続き同一事業所で正規雇用する場合

 ・トライアル雇用開始日の満年齢が25歳以上40歳未満

 ・トライアル雇用開始日前1年間に雇用保険の被保険者でなかった者

 

3.有期実習型訓練修了者雇用型

 ・雪実習訓練修了者<注1>を正規雇用する場合(ただし、既に雇用している対象

  短時間等労働者<注2>に対して実施した有期実習型訓練の場合、実施事業所

  において正規雇用に転換された者については奨励金の対象となりません)

 ・有期実習型訓練修了後の雇入れ日(有期実習型訓練を受けさせていた事業主が

  当該訓練生を正規雇用した場合は訓練開始日)現在の満年齢が25歳以上

  40歳未満

 <注1>有期実習型訓練修了者とは、有期実習訓練の全課程を修了したもの

 <注2>対象短時間等労働者とは次のイ又はロのいずれかに該当するもの

   イ:期間の定めのない労働契約を締結している者であって1週間の所定

     労働時間が同一の事業所に雇用されている通常の労働者(当該事

     業所に当該期間の定めのない労働契約を締結している労働者と同種

     の業務に従事する通常の労働者いる場合にあっては、当該通常の

     労働者)1週間の所定労働時間に比し短く、かつ、30時間未満である者

   ロ:期間の定めのある労働契約を締結している労働者

 

◎採用内定を取り消された方(40歳未満)を正規雇用する場合

 ・ハローワークに奨励金の対象となる求人を提出し、採用内定を取り消されて

  就職先が未決定の新規学校卒業者をハローワークの紹介により正規雇用する場合

 ・対象者の雇い入れ日現在の満年齢が40歳未満

 

 

※正規雇用する場合とは・・・

 「雇用期間の定めのない雇用であって、1週間の所定労働時間が通常の労働

  者と同程度である労働契約を締結し、雇用保険の一般被保険者(ただし1週

  間の所定労働時間が30時間未満の者を除く)として雇用する場合」

(0) Comments    Read More   
12月
18
Posted on 18-12-2009
Filed Under (助成金) by midori

『高年齢者雇用開発特別奨励金』

雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者※)をハローワーク又は有料・無料

職業紹介事業者の紹介により一週間の所定労働時間が20時間以上の

労働者として雇い入れる事業主(1年以上継続して雇用する事が確実な

場合に限る)に対して賃金相当額の一部の助成を行う。

 

(※)以下の要件を満たす者に限る

1.雇入れに係る事業主以外の事業主と一週間の所定労働時間が20時間以上

  の雇用関係にない者

2.雇用保険の被保険者資格を喪失した離職の日から3年以内に雇い入れられた者

3.雇用保険の被保険者資格を喪失した離職の日以前1年間に被保険者期間が

  6月以上あった者

 

◎受給できる事業主

 1.雇用保険の適用事業主であること

 2.対象労働者をハローワーク又は適正な運用を期することのできる有料・無料

   職業紹介事業者の紹介により、一週間の所定労働時間が20時間以上の

   労働者として雇い入れる事業主であること

 3.対象労働者を1年以上継続して雇用(期間の定めない雇用又は1年以上の

   契約期間の雇用)することが確実であると認められる事業主であること

 4.資本、資金、人事、取引等の状況からみて対象労働者を雇用していた

   事業主と密接な関係にある事業主でないこと

 5.対象労働者の雇入れ日の前後6ヶ月間に事業主の都合による従業員の

   解雇(勧奨退職を含む)をしていないこと

 6.対象労働者の雇入れ日の前後6ヶ月間に倒産や解雇など特定受給資格者

   となる離職理由の被保険者数が対象労働者の雇入れ日における被保険者数

   の6%を超えていない(特定受給資格者となる離職理由の被保険者が3人以下

   の場合を除く)こと

 7.対象労働者の出勤状況及び賃金の支払い状況等を明らかにする書類(労働者

   名簿、賃金台帳、出金簿等)を整備・保管し速やかに提出する事業主であること

 

◎受給するための要件

 (上記に該当する事業主であって以下のいずれにも該当しないこと)

 1.ハローワーク等の紹介以前に雇用の予約があった対象労働者を雇い入れる

   場合

 2.雇入れ日の前日から過去3年間に職場適応訓練(短期の職場適応訓練を除く)

   を受け、又は受けたことのある者を当該職場適応訓練を行い、又は行った事業主

   が雇い入れる場合

 3.雇入れ日の前日から過去3年間に雇用関係、出向、派遣又は請負により雇入れ

   に係る事業所において就労したことのある者を、再び同一事業所に雇い入れる

   場合

 4.対象労働者に対する支給対象期についての賃金を支払期日を超えて支給申請

   を行うまでに支払っていない場合(時間外・深夜・休日手当等を法定どおり支払

   っていない場合を含む)

 5.ハローワーク等の紹介時点と異なる条件で雇入れた場合で対象労働者に対し

   労働条件に関する不利益、又は違法行為があり、かつ、当該対象労働者から

   求人条件が異なることについての申し出があった場合

 6.労働関係法令違反等を行っている場合

 7.奨励金の支給を行う際に雇入れに係る事業所において成立する保険関係に

   基づく前々年度より前のいずれかの年度に係る労働保険料を滞納している場合

 8.偽りその他の不正行為により本来受けることのできない助成金等を受け、又は

   受けようとしたことにより3年間にわたる不支給措置が執られている場合

 9.労働関係法令の違反を行っていることにより助成金を支給することが適切でない

   ものと認められる場合

 

◎対象労働者

 ・雇入れ日現在の満年齢が65歳以上の者

 ・雇入れに係る事業主以外の事業主と一週間の所定労働時間が20時間以上の

  雇用関係にない者

 ・雇用保険の被保険者資格を喪失した離職の日から3年以内に雇い入れられた者

 ・雇用保険の被保険者資格を喪失した離職の日以前1年間に被保険者期間が6月

  以上あった者

(0) Comments    Read More   
12月
10
Posted on 10-12-2009
Filed Under (助成金) by midori

来週にハローワークへ行き助成金(うちの場合ゎ母子家庭の母)の手続きのやり方を

聞いてきます~♪

聞いてきて実際に手続きをしたら手続き方法を書きたいと思います。

(0) Comments    Read More