老齢基礎年金は全額支給されます。

老齢厚生年金は、給与(総報酬月額相当額)と老齢厚生年金(基本月額)の

合計額が47万円に達するまでは満額支給されますが、47万円を超えると総

報酬月額相当額「2」に対して基本月額「1」の割合で、年金が減額されます。

総報酬月額相当とは

標準報酬月額とその月以前1年間の標準賞与額の総額を12で割った額との合計額

基本月額とは

老齢厚生年金(加給年金額や経過的加算額を除く)を12で割った額

(0) Comments    Read More   
6月
24
Posted on 24-06-2010

厚生年金に加入していた人が、老齢基礎年金の受給資格期間を満たした

ときに、65歳から老齢基礎年金に上乗せして受ける年金です。年金額は「

平均標準報酬月額×支給乗率×加入月数」で計算されます。これは、60

歳から受けられる特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分と同じです。

なお、老齢厚生年金には経過的加算がプラスされ、加入期間が20年(中

高齢の特例の場合は15年~19年)以上ある場合、その人に生計を維持さ

れている65歳未満の配偶者、または18歳未満(18歳の誕生日の属する

年度末まで)の子、20歳未満で1級・2級の障害の子がいれば、加給年金

額が加算されます。

(0) Comments    Read More   
6月
07
Posted on 07-06-2010

特別支給の老齢厚生年金や老齢厚生年金に加算される配偶者の加給

年金額は、配偶者が65歳になると自分の老齢基礎年金を受けられるた

め、打ち切られます。その際、加給年金額の代わりに配偶者の老齢基礎

年金に加算されるのが振替加算です。これは、国民年金への任意加入

期間など自分の公的年金加入期間が短いとか、まったくない人が、その

ままでは定額の老齢基礎年金しか受けられないことに配慮したものです。

振替加算の額は生年月日に応じて逓減されていき、昭和41(1966)年

4月2日以降生まれからゼロになります。

なお、振替加算が行われるのは、夫婦とも大正15(1926)年4月2日以降

生まれの場合に限られます。

(0) Comments    Read More   
6月
01
Posted on 01-06-2010

特別支給の老齢厚生年金や老齢厚生年金を受けられるようになったとき、

厚生年金の加入期間が20年(中高齢の特例の場合は15~19年)以上

ある場合、その人に生計を維持されている65歳未満の配偶者がいれば、

加給年金額が加算されます。その際、年金を受ける人が昭和9(1934)

年4月2日以降生まれの場合は、生年月日に応じて配偶者の加給年金

額に特別加算されます。これを配偶者特別加算といいます。

(0) Comments    Read More   
3月
09
Posted on 09-03-2010

加給年金額

特別支給の老齢厚生年金や老齢厚生年金を受けられるようになったとき、

厚生年金の加入期間が20年(中高齢の特例の場合は15~19年)以上ある

場合、その人に生計を維持されている65歳未満の配偶者または18歳未満

(18歳の誕生日の属する年度末まで)の子、20歳未満で1級・2級の障害の

子がいれば、その人の年金に加給年金額が加算されます。

また、年金を受ける人が昭和9(1934)年4月2日以後生まれの場合は、配

偶者の加給年金額に生年月日に応じて特別加算が行われます。

(0) Comments    Read More