6.賞与に係る報酬の額に変動があっても、当該変動に基づく随時改定は

行わない。また、通常の報酬に著しい変動があり、随時改定(7月・8月・

9月の随時改定を除く)を行う場合は、新たに賞与に係る報酬の額を算定

することなく、定時決定または7月・8月・9月の随時改定に基づき算定した

賞与に係る報酬の額を変更後の通常の報酬の額に加算する。(S53.6.20

保発第47号・庁保発第21号、改定:H15.2.25保発第0225004号・庁

保発第2号)

(0) Comments    Read More   

2.随時改定により標準報酬月額を改定する場合には、原則として昇給または降給

があった月の翌々月を健康保険法第43条第1項または厚生年金保険法第23条第

1項に規定する「その著しく高低を生じた月」と解し、その翌月より行う。(S36.1.26

保発第7号、改正:H15.2.25保発第0225004号・庁保険発第3号)

(0) Comments    Read More   

1.随時改定の場合に行う保険者算定は、昇給が遡及したため、それに伴う差額

支給によって報酬月額に変動が生じた場合とすること。なお、この場合において

保険者が算定すべき報酬月額は、随時改定されるべき月以降において受ける

べき報酬月額によること。(S36.1.26保発第4号)

(0) Comments    Read More   

現在の標準報酬月額が健康保険46等級(115万円)、厚生年金保険30等級

(62万円)の人が、6月に昇給(80,000円)があり、6月・7月・8月の各月とも

支払基礎日数が17日以上ある場合は、3月分の報酬の合計を3で割って平均

し、その額が124.5万円以上の場合は随時改定を行います。

※厚生年金保険は上限が30等級のため、健康保険のみの改定となります。

(0) Comments    Read More   

随時改定によって標準報酬月額が改定されるのは、変動月の4ヵ月めからです。

適用期間は、改定月によって次のとおりです。

1月~6月に改定 → その年の8月まで適用

7月~12月に改定 → 翌年の8月まで適用

(0) Comments    Read More